HOME旅行先一覧ニューヨークindex

 
ニューヨークでバレエを見よう!

7. 孟母三遷

デリでサンドイッチをコーヒーを食べてから(ちなみにこれって本日の昼ご飯。朝食を兼ねる)、METに向かった。今のところアメリカで飲んだコーヒーが薄いってことはない。アメリカンを薄いコーヒーと定義するのはどこから来ているんだろう? そして、サンドイッチは味付けが薄くて物足りなかった。アメリカって濃い味ってイメージがあったんだけど、既成概念が崩れた。

今度の座席も前の人の頭が邪魔。女性だけどフラッパーにしているので、もしゃもしゃ頭で舞台が見えない。1幕が終わったあたりで後ろを見ると、だ〜っと後方が空いていたのでそっちに移ることにした。前2列に人がいないあたりに陣取ると、

最初からこうすれば良かったのよ!!! 後方には席替えした人がちらほら。アメリカ人も見にくいと思っているのね! そりゃそうよね。ほとんど段差がないってことは、自分と同じ身長の人が前に来たらアウトってことなんだもの。ましてや背の高い人が来たらぜんぜん見えなくなっちゃうんだし。気が楽になったので、休憩時間にホールの写真をパチリ。

小銭がないので歩いてホテルに帰る。やっと時差ぼけが解消したのか眠くないので日記つけ。りんごさんに時差ぼけにならない方法を聞いたら、機内でとにかく眠る、着いた日は眠くても夜まで寝ちゃダメなんだそうだ。空港から市内まで渋滞していて1時間もかかってしまったので、着いたときはとにかく眠かったけど、あそこで寝ちゃいけなかったのか.... しかし、起きているのは至難の業だなぁ。普通はもうちょっと早く適応できるのかもしれないけど、連日夜遅くまでバレエを見ていたので疲れを解消する暇がないっていうのも苦しい。

セントパトリック大聖堂の祭壇。

そしてNYで最後のバレエ。滞在中5回目(リハも入れたら6回目)の舞台を見にいく。ここにきて私もやっと賢くなった(^^)v

まず自分の席を偵察に行く

どういう人が前に座っているのか観察

大きい人がいるのを確認

きっとまた後方が空いているだろうから、
お客さんがある程度入るまで待って空き席に陣取る

立ち見席のあたりでお客さんが入るのを待っていたら(←私って挙動不審な人物?)、立ち見で見たい人がやって来てしまったので退去。この立ち見席って、天井がかなり低いので圧迫感があるし、舞台の上部が隠れてしまう。まぁダンサーを見れはするだろうけど、セットを楽しむのは無理そうだ。

開演間際になったので適当な席に座る。そして、5回目にしてやっと全幕をまっとうに見ることができたのだった☆\(^○^)/☆

BACK ← → NEXT

 
HOME旅行先一覧ニューヨークindex(c) うーさん 2001