Lunatic Cafe

4日目:9/20(火)-1-

赤毛のアンDay(その1)

グリーン・ゲイブルズ・ハウス・ビジターセンター快晴ーーー!

コテージでの朝ごはんのしたくにも慣れたので、Iちゃんと協力しててきぱきと朝食を済ませる。

昨日とは打ってかわった快晴で、赤毛のアンの家や馬車の散策にはぴったりの日。
まず向かったのはグリーン・ゲイブルズ・ハウス。ここはルーシー・モード・モンゴメリの親戚の家で、アンのイメージの元となった場所だそうだ。

入口にあるビジターセンターで、モンゴメリの家族の写真を見たり、短い紹介フィルムを見る。昨日行ったモンゴメリの生家で聞いた話によると、モンゴメリのお母さんは、彼女が2歳にもならないうちに23歳の若さで亡くなったそうだ。今の日本の感覚だと、23歳ってまだまだキャピキャピした年代なんだけど、写真を見ると厳格そうな雰囲気。

お母さんが亡くなった後は、お父さんは別の女性と再婚。ルーシーは祖父母と暮らすことになる。この辺、ドラマがありそうな話だ。

グリーン・ゲイブルズ・ハウス(赤毛のアンの家)
グリーン・ゲイブルズ・ハウス この家はデイビッド・Jr.・マクニールとマーガレット・マクニール兄妹のもので、彼らはルーシーのおじいさんのいとこだったそうです。
それってルーシーにとっては何になるんでしょ?
ルーシーはここには住んだことがなかったものの、一緒に暮らしていた祖父母の家はこの近く。森を散策しては、やがてアンの話に出てくるLover's LaneやHaunted Woodという名前をつけたそうです。
結局この家の相続人が絶えてしまって、今はカナダ国定史跡に指定されて、赤毛のアンを再現した家として公開されています。

まずは1階を見てみましょう。 Parlour(客間) Parlour(客間) 玄関を入ると客間です。お客さんをお迎えする間なので、きれいに飾り付けられています。
もらった案内図にParlourと書いてあったので、ああカナダはイギリス連邦なのねぇと思いました。

ダイニングルーム ダイニングルーム ダイニングルーム。壁紙がきれいです。
マシューの部屋 パントリー 一気に地味になったマシューの部屋パントリー(食品室)です。
キッチン キッチン キッチン
次は2階に行きます。 アンの部屋 アンの部屋。マシューの部屋と随分違うなーと思いません?
左手にはマシューがくれたパフ・スリーブのドレスがかかっています。
また左手前には洗面用具があります。この時代、お部屋で済ませていたようです。

マリラの部屋 裁縫室 マリラの部屋裁縫室
ゲストルーム 使用人の部屋 ゲストルーム使用人の部屋。
おーい、マシューの部屋地味すぎません?
使用人の部屋とほとんど同じに見えますよ。

本日盛りだくさんにつき、まだまだ続きます。


homeプリンス・エドワード島TOP