HOME旅行先一覧香港index

ガイドさん

客室の探索が終わった頃にガイドさんから電話がかかってきた。バスの中で「レストランやエステの予約もやります」と言っていたので、今晩のレストランの予約をお願いする。お部屋に訪ねてきたガイドさんも見晴らしの良さにため息。そうでしょ、そうでしょ♪ すごいよねぇ。何せハーバー・フロントのビューだもん。

私は普段ビューなんてどうでもいい(だって寝に帰るだけだし)ので気にしたことはないけど、お部屋からのビューで客室料金も変わるみたいなのよねぇ。それがメインウィングのアップグレード料金でタワーのハーバーフロントのお部屋をアサインされるなんて、ああスミマセン...

で、ガイドさんにガイドブックを見せて予約してもらう。「この本食べ物ばっかりねぇ」と笑われちゃったけど、ち、違うの〜 そうじゃないのも後ろの方に載っているのよ〜( ̄▽ ̄; 彼女がお部屋の電話を使わずに自分の携帯でかけたので、母が感心していた。外見はショートカット時代のチェン・ルー(フィギュアスケートの選手だ)に似た感じで、なかなかユーモアのある人だった。


香港島へお出かけ

ぼけ〜っとしていたらアッという間に時間が経ってしまったので、貴重品をセイフティボックスに詰めて香港島へ出かけることにした。1月の香港の最高気温は16〜18度くらい。真冬の日本から来ると秋くらいの暖かさに感じられる。

香港は半島と幾つかの島でできていて、観光と経済の中心は九龍半島と香港島。両者の間には地下トンネルが掘られていて、間を地下鉄と車で行き来できるようになっている。フェリーも走っているので外を見たい人はこちらをどうぞ。

ツアーにフェリーとトラムが4日間乗り放題というチケットがついていたため、まずはフェリーで香港島へ渡ることにした。乗り場はホテルから歩いて5分くらいの場所にある。乗り場までは「暖かいねぇ。上着はいらなかったかも」と話していた私たちだが、さすがに水辺は風が強い。しかもフェリーは壁に覆われてないため風がモロに入ってくるの。冬にフェリーに乗る人は服装に注意よ!

香港島に到着すると、まずはSt. John's Cathedral(聖約翰大教堂)へ向かう。狭い土地なためか高いビルが林立していて壮観だ。しかしなぁ、この辺ってどうやら車社会みたいで道を歩いている人がとっても少なくて淋しい。

ところで道を渡るのにどうしたらいいんだろう? さっきからあちらに渡りたいんだけど、

横断歩道がぜんぜんないんですけど!?

ビルいろいろ

途方に暮れながら歩いていると、ふと渡り廊下のようなものを歩いている人たちが目に入った。

あれってもしや歩道橋?

日本の歩道橋とは雰囲気が違うけど、まさしく歩道橋だった。幾つか歩道橋を上り下りしながら、苦労の末やっと目的地へと到着した。

この辺を歩き慣れた人にはぜんぜん平気なんだろうけど、初めての人にはどの歩道橋を渡らなければならないのかがわかりづらく、下りる場所もよくわからない(--;) 下りてみたら「あ、こっちじゃなかった」ってこともあったりね。日頃旅先ではかなりの距離を歩く私だけど、

つ、疲れる(@_@;)

歩行者に優しくない街だわね。ついでに排ガスが・・・げほげほ。

BACK← →NEXT


HOME旅行先一覧香港index

Copyright (c) since 1997.10.7 うーさん