HOME旅行先一覧フランス

=ヴォー・ル・ヴィコント=

ニコラ・フーケの肖像ヴォー・ル・ヴィコントは財務長官だったニコラ・フーケ(左の絵)の館でした。時の宰相マザランに仕えて財力を欲しいままにしていたのですが、時の国王ルイ14世の嫉妬心を買い、コルベールに公金横領の罪を追及されて失脚させられてしまったのです。

レンタカー以外で行くには、最寄り駅からタクシーに乗ります。城待ちしているタクシーはありませんので、帰りは自分でタクシーを呼ぶか土産物売り場のお姉さんに頼むしかありません。っていうのでちょっとハードル高し。

ヴォー・ル・ヴィコント
ヴォー・ル・ヴィコント

左右がきれいな対称形で、瀟洒な貴族の館という雰囲気。

ヴォー・ル・ヴィコント庭園

ル・ノートル設計の庭園。ル・ノートルはこの後ヴェルサイユ宮殿の庭園のデザインもします。

ヴォー・ル・ヴィコント
ヴォー・ル・ヴィコント

華麗な部屋の数々。あちこちの宮殿を見た後だとよくある作りに見えますが、ヴォー・ル・ヴィコントは当時ルイ14世の住まいよりもずっとずっと豪華で洗練されていました。フーケの館に招かれた国王はそれを目の当たりにしてプッツン。こうしてフーケはルイ14世の嫉妬心を買ってしまったのです。

この館を見たルイ14世、国王としてなんとしてもこれ以上に豪華な宮殿を建てずにはいられない、とこの後ヴェルサイユ宮殿を建てさせたのですが、設計士はこのヴォー・ル・ヴィコントと同じ人たちを使っています。よほど羨ましかったのね。

ヴォー・ル・ヴィコントこんなに洗練された館になぜこんなライティングが...ヴォー・ル・ヴィコント 鉄仮面鉄仮面の人形
ヴォー・ル・ヴィコント庭園

庭園の奥の方に水路があって、その水路を越えた向こうにもさらに庭が続いています。水路は横に長い作りで橋もありませんので、徒歩でここを超えるのは大変! 庭園内を走る自動車があるのでそれをお勧めします。



HOME旅行先一覧フランス