Lunatic Cafe

3日目:5/5(土)

パリのカフェでお朝食

パリで朝カフェパリのホテルはだいたい朝食が別料金なので(しかも高い)、一度やってみようと思っていたのが朝カフェ。サン・ジェルマンやモンマルトルだとカフェがたくさんあるようだけど、オペラ地区にはここぞというカフェが少なく、ピラミッド駅近くのPAULに行くことにした。

←クロワッサンとコーヒーだけじゃ寂しいので、フルーツカクテルをつけました。このフルーツが一番高かった・・・ そして、メニューはおフランス語のみだった。

オペラ大通りなんて場所にあるのになー。フランス語だけ。

朝晩、天気予報をチェック。今日も雨が降るとの予報で、パリ市内でミュージアム巡りを決める。しかし、本当だろうか? 雲間から陽がさすときもあるんだけど。

クリュニー美術館へ

オペラ地区からセーヌ川の向こう側に地下鉄で行こうとすると、乗り換えが超面倒。乗り換えで歩く歩く。いっそ全部歩いた方がマシってくらい歩くこともある。
(i)でもらったバスマップを見ると27番バスがクリュニー方面に行くので、いっちょトライしてみよう。
しかし、バス。乗るのは簡単、降りるの大変。
ルート図をじっと眺めて、「この辺」というあたりで降りた。
正解だった!

クリュニー美術館 貴婦人とユニコーン クリュニー美術館目玉の展示品「貴婦人とユニコーン」のタペストリ。かなり照明を落とした半円形の展示室に飾られている。

「貴婦人とユニコーン」がとても有名だけど、それ以外も見応えのある展示があって、お勧めですよ〜 前来たときは1時間くらいしか時間がなかったんだけど、1時間じゃぜんぜん時間が足りなかった。今日は心ゆくまで見物。


サント・シャペル

クリュニー美術館からサント・シャペルに歩いていくことにしたが、結構遠くてバスに乗れば良かったなと思った。途中ノートルダム大聖堂の前を通ったら、入場を待つ長蛇の列ができていてびっくり。週末のせいだろうか? ここまでの行列を見たのは初めてだ。

ノートルダム大聖堂の行列 ノートルダム大聖堂の行列

サント・シャペルにもやっぱり行列はできていたけれど、昨日よりだいぶ短かったので並ぶことにした。といっても、今日初めて来たら「やっぱり止めよう」と思うくらいには長かった。ここは裁判所の敷地内にあるので、セキュリティチェックでどうしても時間がかかってしまうのだ。並ぶこと約15分。

サント・シャペル2階礼拝堂
サント・シャペル2階礼拝堂(祭壇とステンドグラス)

ちょうど2階礼拝堂に上がったときに光が差したので美しかったんだけど、やはりデジカメって限界があるのねー。側面には色合いの違うステンドグラスが並んでいたのに、どう頑張っても同じ色になってしまう。一眼を買えばどうにかなるのかな? でもデカイから持ち歩くの嫌だなぁ。

パンテオンへ

バスに乗ってリュクサンブールまで移動。角の店で昼食を済ませた後に、パンテオンに入った。

昼食左のスープ。食べても食べても減らなかった・・・ 前菜の量が多すぎるのよ〜 そりゃあ、1品目なので食べられるけど、全部食べたらメインが入らなくなるよ〜〜〜っ

パンテオン パンテオン 通りから見たパンテオン(正面)入り口で柱の下から天井を見たところ。高い!

中は教会みたい、と思ったのも当然で、元々は教会だったのをルイ15世が再建したものなんだそうだ。地下は偉人や哲学者の廟になっているんだけど、ちょっと中途半端な印象。これで入場料はルーブルやオルセーと同じなんだよね。微妙・・・ ミュージアム・パスで入ったからいいけど、微妙。

サン・シュルピス教会この後ドラクロワ美術館に行きたかったので、バスでサンジェルマン・デプレに向かった。ちょうど降りたところにあるのが、あの「ダ・ヴィンチ・コード」にローズラインがあると描かれたサン・シュルピス教会。確かに、この線なんだろう?と不思議になるが、うまいことを考えたものだ。

疲れてしまったので、角にあるカフェ・ド・マゴでお茶していたら、なんとドラクロワ美術館が閉館してしまった! が〜ん。

疲れはたまり、お腹はそれほどすいていないので、クロワッサンを買ってお部屋食とする。明日はベルギーに移動だ。

 
homeフランスTOP2012年日程表