home旅行先一覧イタリアTOP

イタリア旅行記2007、今度は一人旅

B&B総括:ホテルと比べると安く泊まれるが、イギリスに比べると料金が高い。セキュリティは客室の鍵の他にドアの鍵や門の鍵などがあり、ちゃんとしている。だがそれらの鍵を自分で持たなければならないので重い。概して朝食の時間が遅め。
フィレンツェのB&B:駅から近く、観光名所にも近いパーフェクトな位置。受付の人がフレンドリーで、予約受付のメールに「良かったら美術館のチケット手配するよ」と協力的。シャワーだけは×だが、また泊まりたい場所。朝食にヨーグルトがあったのが嬉しい。門の鍵が片手では開けられないので、両手が空いていないといけないのは少々不便だった。

10月10日(水)

表示幅:標準 小さいモニタ用

フィレンツェからローマに戻る

B&Bはカードが使えるんだけどニコニコ現金払い。8月下旬に急激に円高が進んだときに両替しておいたのだ。その後また円安になったので、現金で払うほど得した気分になる。使い残したバス・チケットは受付の兄ちゃんにあげてチェックアウトした。

駅で列車の掲示板の前に陣取ってしばし待つと、ローマ行きの列車のホームが15と表示された。あわてて15番線に移動したが、客が誰もいないのはなぜ? もう一度戻って掲示板を子細にながめると、15という表示が他の列車の番線表示とは違う列に出ていることに気づいた。

15は15分遅れのことだった!

のだ。rit.という欄は「遅れ」、binって欄は「線路」という意味で、ローマ行きはいまだに何番線か表示されていなかった。ああ、持っていて良かった電子辞書。ローマ行きの列車は進行方向を向いた一人席が確保できていた。ばんざい。

ローマのB&B
狭いけど素敵な内装のB&B
ローマのB&B
シャワーの周りはアコーディオンカーテン。水はねナシ。荷物置き場が狭かったのがマイナス点。

ローマ再び

ローマのテルミニ駅に着いてまずしなくちゃならないのは、ローマパスと地図の入手。ローマパスは交通3日券付なので最初に入手すると宿に行くところから使える。

(i)が見つからなかったので24番線に面した旅行会社でパスを入手した。その後で無事(i)を見つけ、地図をもらって宿の場所を教えてもらう。宿のHPではバスを乗り継ぐように書いてあったけど、どうやら地下鉄で行けそうだ。

宿はサンタンジェロ&ヴァチカンに徒歩圏内の場所にあって、このあたりのショッピングエリアに当たるコ-ラ・ディ・リエンツォ通りに面しているはずであった。珍しく迷わずに宿に着くと、オーナーに

「僕は3つB&Bを持っているんだ」

と言われて別の場所に連れて行かれてしまったーーー!!!
連れて行かれたのはすぐ近くだったけど、角を曲がったので方向感覚を失う。私、今どこにいるのぉぉ〜? 新しい場所の地理感覚がしっくりするまでこの後だいぶ時間を要した。

宿を替わったことで話が違ってきたのは、事前メールで問い合わせたときに「カードは使える」「朝食は7:30」だったのが、「カードは使えない」「朝食は8:00」になってしまったことだ。どうせ現金で払おうと思っていたのでカードはどうでもいいけど、朝食の時間はその後の行動に影響するので嬉しくない。カードについても最近はそんなに現金を持ち歩かない人が多いので、困る人が多いんじゃないかしら?

多額の現金を持っているのが面倒なので、チェックインの時に支払いを済ませてしまうことにした。

昼食
この日の昼食。見た目よりずっとおいしかった。
サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会
サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会。ファサードはミケランジェロの設計で、昔の遺跡を活かしている。
サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂
サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂。ローマの四大聖堂の一つで、アヴィニョンに教皇庁が移るまで教皇はここにある宮殿で暮らしていた。ローマ司教である教皇のカテドラル。

シエスタ

ローマに来て困ることの一つ。昼休み。教会やお店、はては銀行まで昼休みに閉まってしまう。しかも45分くらいしか昼休みのない日本とは違い、閉まっている時間が長い。宿から出てさっそく向かったサンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会も昼休みで閉まっていた。

そういえば私もお腹がすいたっけ。突然気づいて駅の近くにあるショッピングモールのセルフレストランで昼食にする。レプブリカ駅前にはもう一つサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会があるのでそっちを見ることにした。遺跡のような外観だけど、中はもっと後の時代に修復されているので装飾的だ。

教会から外に出ると雨! イタリアに来てからずっと天気が良かったので傘を宿に置いて来てしまった。戻らなきゃ。宿のあるレパント駅に着くとかなり雨足が激しくなっていて、地図を傘代わりにして宿まで歩いた。

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂

傘で時間をロスしてしまったので、ラテラーノを見れる時間は

はぅあ! 30分くらいかも。

こんな歴史のある教会を30分とは。中は天井きらびやか、彫刻びしばし、燦然と輝く大聖堂で、ここを30分で見るのはやっぱり無理。この後ボルゲーゼ美術館を予約してあって、しかもなぜか30分前までにチケットを引き取らなきゃならないので、ここには実質20分くらいしかいられない。また出直そう。それしかない。

ボルゲーゼ公園:誰がここを7分で歩けるのか?

ガイドブックにはボルゲーゼ美術館は地下鉄フラミニオ駅から徒歩7分ってあったけど、予定より10分早く大聖堂を後にしたのは、本当に7分で行けるのか疑問に思ったからだ。だって地図を見ても広いよ、ボルゲーゼ公園。それとも意外と狭いのだろうか? でも迷うかもしれない。念のために早めに出よう。

フラミニオ駅から「→Galleria Borghese」という案内に従って歩く。ほーらね、やっぱり7分歩いても着かないじゃない。美術館は遠かった。一体誰が7分で歩けるって?

驚いたことに公園内をバスが走っている! それくらい広い公園なのだ。「→Galleria Borghese」を追って右に左に曲がり、そのうち表示が消えてしまった! ど・ど・ど・どーしよう?!とパニクっていると、ちょうど向こうから歩いてくるカップル。

「ひょっとしてボルゲーゼ美術館の場所をご存じでは?」

ベルニーニ「プロセルピナの略奪」
ベルニーニ「プロセルピナの略奪」の一部
ボルゲーゼ美術館の予約:この美術館は予約必須で、HPから予約できるようになっています。でもあまり先の予約はできません。
私は10月10日の予約をしたかったんですが、9月中旬でも予約が始まりませんでした。ようやく10月分の扱いが始まったと思ったら、特別展示の切り替え時だったので10日間くらい予約を入れられない日があって、結局予約できたのは前日!でした。メールで問い合わせたら次の展示品の開梱に関する情報を待っているので予定が決まらないって言われた。9月末で10月10日頃の予定がわからんとは・・・

ボルゲーゼ美術館

彼らは知っていた。しかし美術館はその場所から2ブロック先。結局フラミニオ駅からは

25分近く歩いたのだ。

7分て、7分ていったい何なのさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ(ここ、エコーをかけて読んでください。) 後で別のガイドブックを見たんだけど、3つのガイドブックでそれぞれが違う最寄り駅を主張していた。いったいどこが最寄り駅?

そこまで苦労してたどりついたせいか、はたまた「個人の美術館の女王」という呼び名に期待を大きく持ちすぎたせいか、中はなんだこんなもんかだった。特に絵画にはあまりすごいものがない。見るなら彫刻だ。ベルニーニの彫刻は確かにすごかった。「アポロンとダフネ」が名高いけど、私は「プロセルピナの略奪」の方により衝撃を受けた。男に捕まれた女の肌が凹んでる! 彫刻じゃないみたい。

ベルニーニの彫刻がなかったら「金返せ」と思ったところだった。果たしてラテラーノを20分で切り上げる価値があったかな?

夕食のピザ
夕食のピザ。薄いけど大きいので食べきれない。
ボルゲーゼ美術館への行き方:帰国してから調べると美術館に行くのに良さそうなバスルートが見つかりました。(下記ルート図参照)116番の電気自動車のバスで、バルベリーニから公園を抜けて美術館まで行けるようです。多分。ネットでバスマップを見るのにはATACのHPのLinee e mappe: bus, metroから。
ボルゲーゼ美術館行きのバス

帰りもやっぱり迷った

今度はバスで帰ろうかと公園の横にあるバス停で待った。夕方の渋滞時間らしくバスはいつ来るともしれず、突っ立っているのも辛いので今度はフラミニオ駅じゃなくてスパーニャ駅に向かって歩くことにした。
(※日暮れ後にスパーニャ駅へ続くピンチーナ通りを歩くのはお勧めじゃないかも。暗いし人通りが少なくなる。)

公園の角あたりで駅にどうやって行ったらいいのかわからなくなり、雨も降っていてすっかり日も暮れて見通しがきかない。バス停が見えたのでここからバスで帰ることにした。やってきたバスに「地下鉄駅に行きますか?」と聞いて「行く」というので乗り込む。

もうどこでもいいや、駅に行くなら! 地下鉄駅にさえ行ければ帰れる。バスは渋滞でなかなか進まず、ようやく地下鉄の「M」マークが見えたところでバスを降りるとそこはバルベリーニだった。

さすがにこれだけ大冒険をするとお腹もすこうってもの。宿から5分くらいのところにあるピザ屋で夕食にした。お腹ぺこぺこだったけど巨大なピザは平らげられなかった。それにしてもイタリアってアメリカ人が多い。ピザ屋も8割方アメリカ人だった。

宿に帰って今日使ったお金を計算しようと携帯を開けると

ぎょえ〜Yahooにつながってる!

いいい、いつからYahooにつながってたの? そして接続料っていったい...

フィレンツェB&B(3泊分) 213.3€(連泊割引あり)
ローマパス 20€
昼食 14.4€
夕食 15.4€
ローマB&B(2泊分) 170€(1泊は事前支払い済み)
home旅行先一覧イタリアTOP