フィレンツェの美術館攻略法

ここに書かれた情報は2007年10月の体験を元にしたものです。時間がたってからご覧になる方は、事情が変わっている可能性がありますのでご注意ください。

1予約の概要
2どうやって予約するか
3電話予約の流れ
4予約から入場まで
-ウフィッツィ美術館の入場
-アカデミア美術館の入場
5サンタ・マリア・デル・マルミネ教会のブランカッチ礼拝堂の予約
6それ以外の美術館の予約

予約の概要

ウフィッツィ美術館、アカデミア美術館、ヴェッキオ宮殿、パラティーナ美術館、メディチ家礼拝堂などフィレンツェの美術館は予約ができるようになっています。これらの中でもウフィッツィとアカデミアは予約を強くお勧めします。

予約なしで見られないというわけではありません。が! 何時間も並ぶことになります。それもちょっとずつでも先に進めばまだ心理的に救われますが、中の混み具合や予約の入り具合で列はピタリと進まなくなり、たとえ列の先頭にいてもいつ入れるか分からず待ち続けるような具合。「私、行列が大好きなの♪」なんて趣味の持ち主以外には、声を大にして予約をお勧めします。

実は予約してすら並ぶんですから。

どうやって予約するか

フィレンツェの美術館を個人で予約するには、

  1. 自分で電話して予約を取る(電話番号はヴァザーリの回廊とブランカッチ礼拝堂を除いてすべて共通)
  2. ウィークエンド・フィレンツェなどのサイトでオンライン予約する
  3. その他代理店に頼む
  4. 滞在するホテルに依頼する

この中で私がお勧めするのは2番のオンライン予約です。
美術館の予約をすると本来のチケット代の他に予約料(2007年現在3€)がかかりますが、このような仲介サイトを利用するとさらに手数料もかかります。
安くあげるために自分で電話した方がいいんじゃ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、この電話が一筋縄ではいきません。
すなわち、なかなかつながらないんです。

ホテルに頼むのは一番安くすむ手段だと思いますが、ある程度時間に余裕を持っていない頼めないと思います(でないと希望時間帯が満杯の時はどうするか?という問題が生じるので)。でも他の観光場所とのかねあいで「判断」が必要になることが多いので、お任せは難しいんですよね。

電話予約の流れ

電話は+39-055-294883ですが、注意が必要なのは055の先頭の0を省略してはいけません
ダイヤルすると自動音声でイタリア語(1番)、英語(2番)を選ぶように言われます。その後○○はPress 1、××はPress 2、などと流れます。4番が予約です。(注:将来的には変わるかもしれません)

すると保留の音楽が流れ、流れ、流れ・・・、運が良ければオペレータに接続されますが、さんざん待たされたあげくに
「混んでいるからかけ直してね」
と接続を切られてしまうこともあります。かけ直すと再び言語を選択するところから始めなければなりません。

さて、めでたくオペレータにつながると、どの美術館の予約を取りたいのか、何日の何時から何人分かなどをやりとりし、自分の姓を伝えて予約番号をもらいます。番号は現在のところ7桁の数字です。いずれにせよ一発で電話が通じたとしても通話料が意外と高くついてしまうわけです。運が悪いとオンライン手数料よりずっと高額になることもあります。(私は運の悪い人の一例)

予約から入場まで

それでは以下はフィレンツェの美術館の中でも難攻不落(?)のウフィッツィ美術館とアカデミア美術館の詳細をリポート。

ウフィッツィ美術館

ウフィッツィ美術館略図まず予約のある人は、左図の赤矢の窓口に並びます。ここで予約番号と引き替えにチケットを発券してもらいます。予約番号が分からないと発券してもらえませんので、番号は二重三重に控えておくことをお勧めします。私は自作の行程表に書いた他に、携帯のメールにも入れておきました。ここで15分や20分は並びます。なにせ発見する係員が3人しかいませんので。

その後発券してもらった入場券を持って、緑矢の窓口に並びます。入場にはセキュリティチェックがあるので列はあまり速くは進みません。私は13:00に予約し、10分前にチケット引き取り窓口に並び、結局入場できたのは13:25でした。13:00に予約があるというのは13:00に入場できるわけではないのですね。(2003年時点はこんなに待たなかったんですが...)


アカデミア美術館

アカデミア美術館略図アカデミア美術館は少し紛らわしいです。まず青矢印から長大な行列ができています。これは予約なしの行列。その先に予約者用の行列があります(赤)。赤のすぐ横(緑)にチケットを持った入場を待つ行列もあります。私は予約ありの赤列に並びましたが、時間になると係員が「ハイこっちから入って」と入り口に先導し、そこでチケットを買うとそのまま入場しました。ですから緑の列が正確に何だったのか定かではありません。多分グループで入場を待つ人なんじゃないかと推測してます。

予約の人の並ぶところには、壁に小さく「Reservation」と書いてありますが、小さいので注意して探してください。チケット売り場の前にセキュリティチェックがありました。入場は最初の部屋が混雑していると少し待たされることもあります。

トイレに行きたい人は入場口の手前(方向としては左手、階段を下りたところ)にありますので、入場する前に行っておきましょう。途中で行きたくなったら係員に言えば出入りさせてもらえます。

サンタ・マリア・デル・マルミネ教会のブランカッチ礼拝堂の予約

ブランカッチ礼拝堂

サンタ・マリア・デル・マルミネ教会のブランカッチ礼拝堂はマザッチョとマゾリーノによるフレスコ画が有名ですが、ここは完全予約制です。アキがあればその場で「何時の回」と予約して入場することができるかもしれませんが、一度に入場できる人数が少ないため休日などは予約で一杯ということが考えられます。

予約の電話番号は+39-055-2768224で英語も通じます。
ちなみに私は日曜の夕方に行って、fully bookedという張り紙に涙しました。ウィークデーはそれほど競争が厳しくないのか、翌日の朝一(9:00)で電話をし、その日の朝一に入場(10:00〜)することができました。

それ以外の美術館の予約

あくまでも個人的な経験ですが、他はそれほど行列が長くなかったので予約なしでもそれほど待たずに入れそうです。ラファエロの絵で有名なパラティーナ美術館は時間帯によっては予約した方が良いかもしれません。