= コロッセオ =

コロッセオコロッセオコロッセオはヴェスパシアヌス帝の命により紀元80年に完成した円形闘技場で、ネロ帝の宮殿の庭園敷地を利用したものです。1階はドーリア式、2階はイオニア式、3階はコリント式の柱頭で作られています。凝ってますね〜

コロッセオコロッセオ

【左】セキュリティを済ませて入場を待つところ。一番左にローマ・パス専用入り口があって、自動改札みたいになってます。【右】入場してすぐの回廊。天井が高い。ずっと奥に進むと2階へ上がるエレベータがあります(妙に近代的だったりして)。

コロッセオコロッセオ

中に入ったところ。かなり激しく壊れているのが分かります。角度を変えてもう一枚。

= フォロ・ロマーノ =
フォロ・ロマーノ
フォロ・ロマーノ

フォロ・ロマーノは共和制時代、帝政時代を通じてローマの政治の中心だった場所です。敷地には元老院、神殿、バジリカ、凱旋門などがあり、この元老院の前でシーザーが暗殺されました。ちなみにその元老院は右下の赤茶の建物。ちょっとイメージ狂っちゃいません? 白大理石の円柱の並んだ回廊で殺されたんだと思ってた〜

= 真実の口 =

真実の口オードリー・ヘップバーン主演の映画「ローマの休日」に出てくる真実の口は、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会入口にあります。映画の中では、嘘をつく人間が口に手を入れると抜けなくなってしまうという設定でしたが、あなたはいかが? もとはマンホールの蓋だったとの話。駅から遠いのでタクシーを利用した方がいいかもしれません。

= スペイン広場 =
スペイン広場スペイン広場

ここも同じく「ローマの休日」で有名な広場。現在は飲食禁止になっていて、映画を真似してアイスクリームを食べるっていうのはできなくなってしまいました。階段前にある舟の噴水(右の写真です)はベルニーニの父ピエトロの作で、いつも人で賑わっています。テヴェレ川のワイン運搬用の舟がモデルだとか。

= トレヴィの泉 =
トレヴィの泉

1732年に教皇クレメンティウス12世の命により、泉のデザイン画が募集されました。その時選ばれたのがニコラ・サルヴィ。ポセイドンやトリトンといった彫刻が刻まれています。後ろ向きでコインを投げると再びローマに来られるというので有名(でもこれって本当は「またローマに来なければならない」呪いという話を聞いたことがある)。正しいお作法(?)はコインを右手に持ち、泉に背を向け右手に持ったコインを左肩越しに泉に放り込むんだそう。


サンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会→

copyright (c) うーさん