HOME旅行先一覧イタリアindex

= ヴェネツィアの写真と観光名所案内 =

サン・マルコ広場

ヴェネツィアの観光の中心がこのサン・マルコ広場で、サン・マルコ寺院ドゥカーレ宮殿溜息の橋などの見どころが集まっています。水上バスを使う場合は1番か82番でSan Marco下車。

左の写真は、右側の壁がドゥカーレ宮で、中央に見えるのがサン・マルコ寺院。寺院のドームはクーポラと呼ばれています。

→拡大
広場に立つ有翼の獅子像と、聖テオドール像。有翼の獅子はヴェネチアのシンボルで、あちこちに見かけられます。

サン・マルコ寺院

サン・マルコ寺院はこの町の守護聖人である聖マルコを守るために9世紀に創建されたものです。といっても聖マルコがもともとヴェネツィアにいたわけじゃなくて、町を新しく作ったときにアレクサンドリアから遺体を盗み出してきたんですね(大胆な所業...)。その様子をファサードのモザイク画で描いています。

物語は右から左へ進み、
  1. 828年にアレクサンドリアから聖マルコの遺体を盗み出す。イスラム教との嫌う豚の脂をかぶせて偽装したそうだが、そんなものをかぶせられた遺体も気の毒な話。
  2. 聖マルコのヴェネツィアへの到着
  3. ドージェ(当時の最高権力者)による遺体の引き取り
  4. 聖堂へ聖人の遺体を運ぶ行進

←上の4つのモザイク画の間にある(ファサードの中央)モザイクで、聖マルコの遺体を盗み出す話とは関係なくキリストとその周辺が描かれています。

【左】中央の出入り口の2Fにあるサン・マルコの馬。この馬はコンスタンチノープルから持ってきたもので、これはコピー。オリジナルは2F建物の中にあって見学は有料です。
【右】ファサードの中央最も高い位置にあるのが聖マルコ像。その下にある有翼のライオンは聖マルコのシンボル。

現在の建物は改築などを経て、ビザンチン、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンスなどの様式がまじっています。モザイク画の絵柄を見ると一目瞭然! まったく時代が違うのを感じさせられます。内部の見どころは、中央祭壇の裏側にあるパラ・ドーロと呼ばれる黄金の聖壇。金と宝石で作られた豪華なもの(有料)。悲しいことに内部の撮影は禁止。2Fも有料ですが、先に紹介したサンマルコの馬、見事な刺繍が展示され、クーポラのモザイクを間近に見られます。他に第4次十字軍のときにコンスタンティノープルから持ってきた宝物を集めた宝物館もあります(これも有料)。


サン・マルコ広場2→

HOME旅行先一覧イタリアindex
Copyright (c) うーさん