HOME旅行先一覧広島TOP

■ 宮島水族館

宮島水族館は町立の水族館で、西日本でも有数の規模を誇っているそうだ。入館料1050円の前でしばらく躊躇したが(だって今日最後のショーがもう始まってしまってるんだもの)、すぐ側を親子連れが何の迷いもなく入っていったのでつられて入ることにした。

入るとまずは回遊水槽があって、いろいろな魚が悠々と泳いでいる。しばらくボケ〜と眺めていたが、今すぐ行けばまだショーが見られるんじゃ!? アシカショーはこちらという案内に沿って進むが、遠いわ。入口とは反対の方にあったので、やっとアシカショーのステージに到着したときはもうショーが終わろうというときだった。アシカって地上にいるときはエッチラオッチラって動きだけど、水中ではなんてスピーディで滑らかな動きなんだろ! やっぱりこの子達は海の生き物なんだね(*^^*)

ショーがあっけなく終わってしまったので、逆戻りで館内を見てまわることにした。その中でも私の心を奪ったラブリーな奴らがこれ。見た瞬間に「なんで水族館にこんな毛モノがいるんだ?」と思わせた彼らの正体はコツメカワウソだった。横向きで泰然自若な様子のが多分母のオトメ、尻尾に顎をのせているのが子供のコウメかナツメ(判別がつかない)。父の名はタメゾウで、なぜかひとりテイストの違った命名だ(--;) 気の毒に。

この水族館はホテルからかなり離れた場所にあるので、ミニバスで宮島桟橋まで行くことにした(徒歩だと20分はかかる)。桟橋前からホテルまでは3分ほどなのだ。商店街で穴子の焼きちくわを買ってお持ち帰り。疲れたのでお部屋で一眠りする。

バス代=300円、穴子のちくわ=210円

■ ライトアップ

宮島では多くのレストランが夕方5時で閉まってしまうと聞いたので、倉敷を出るときにアンデルセンのパンをゲット。昼が遅かったので夜は軽めにパンとちくわと昼に食べ残したチョコもみじ。あれ? ぜんぜん軽くないか。お腹がポンポコリンだ。

日没から23時までは厳島神社と五重塔などがライトアップされるので8時半くらいに見に行くことにした。18:42が干潮だったのでまだ地面が露出している。

(左)大鳥居、(右)ちょっとおどろおどろしく写ってしまった五重塔。実際はオドロじゃないので大丈夫です。
(左)厳島神社・社殿。右上の方に小さくライトが点いているのが多宝塔。(右)商店街にある大杓子。

ライトアップを見に来ている観光客はチラホラいたけど、1人で来ているのは私くらい。次は誰かと一緒に来て、名宿として有名な岩惣にでも泊まろう。クスン。


BACK← →NEXT
HOME旅行先一覧広島TOP
Copyright (c) うーさん since 97.10.7