HOME旅行先一覧広島TOP

■ 満腹

昨日と同じお店に行って穴子丼を頼んだ。こっちも名物でおいしいんだけど、やっぱりカキフライ定食の方がよかったなぁ。穴子丼は丼と汁物しかないんだもん。見た目がさみしい。

そういうわけで今日もご飯の後はもみじまんじゅう三昧ということにした。普通のもみじまんじゅうを2個ほおばった後、昨日食べたかった揚げもみじに挑戦することにした。もみじまんじゅうを割り箸に刺して素揚げしたもので、店頭で揚げたてを食べられるようになっている。クリームもみじをオーダーして待つこと数分(小さいくせに案外時間がかかるのだ)。こんがりと揚がったまんじゅうをガブリとやると

こりゃ、ごっつーうまいぜ(≧◇≦)

既に普通のもみじまんじゅうを2個食べた後だったので自制したが、そうじゃなかったら3個くらい軽く・・・ 今度来たときもぜったいここで食べるわ!

■ 観光続行

残すは厳島神社の宝物館、そして神社のすぐわきにある大願寺、ちょっと離れたところにある大聖院に行くことにした。宝物館は靴を脱いであがる。旅行には紐靴を履いていくことが多いので、土足で見学できないところは不便だよなぁ。

大願寺(だいがんじ)は日本三大弁財天の1つである厳島弁財天を祀っているところで、弁財天=神社という図式が頭にあった私は、お参りに柏手を打ってしまった(--;) しかもそれを別の参拝客に目撃されてしまった。ここは寺なんだって... 弁財天=神社の図式はひとえに江ノ島の弁財天(ここは神社)が頭にあったから。やっぱり関東もんになじみ深いのは江ノ島だもん。どうして神社と寺で同じものを祀っているのか不思議だけど、七福神はあちこちの神様が混ざっているようなのでそういうこともあるらしい。

大願寺。高野山真言宗の古刹前庭のお花がきれいでした。
樹齢約200年の「九本松」は伊藤博文が植樹したもの。

多宝塔は小高い丘の上に立っていて、桜の季節はさぞ見頃だろうという感じ。今はまる坊主。

さて、最後に残すは大聖院。弥山のふもとにあってかなり広大な敷地面積だ。一番上まで上るとなかなか眺めがいい。真言宗御室派の大本山で、明治維新までは厳島神社の別当寺(神社に付設されたお寺のこと)だったそうだ。


(左)仁王門、(中)仁王門をくぐるとすぐに現れる階段。両側に五百羅漢が並んでいる。(右)ちなみにこんな人(?)も。

大聖院は広い。1周するだけでもけっこう疲れる。疲れたときには無料の薬草茶をいただいて休憩。なんだか効きそうな妙な味結構な味。

■ Run!

予定よりも早かったが、見るものもだいたい見尽くしたので島から出ることにした。ホテルに預かってもらった荷物をとり、船に乗って宮島口に向かうと、ちょうど広島行きの電車が出るところだった。しかも、むこうのホームから!

走る! タイミング的にはまず間に合わないが、前を同様に走っている人がいたためつられて走る。列車の発車を知らせるベルが鳴る。諦める人もいる。が、一旦諦めたのに周りで走っている人がいるせいか再度走る人。またもやベルが鳴る。なぜか発車しない電車。走る人々。そして全員が車両に飛び乗ったとき、再度ベルが鳴りやっと電車が発車した。

ぜーはーぜーはーぜーはーぜーはーぜーはーぜーはーぜーはーぜーはー

どうやら車掌さんに「ちょっと待ったれや」とジェスチャーしたお客さんがいたらしく、その恩恵にあずかったらしい。島根に続き、再び電車に走りのる経験だった。しかも両方とも本来の発車時刻を過ぎていたという... 神社と寺周りの御利益か。(-人-)合掌

広島駅のみやげ物売り場で藤井屋さんの春もみじなる品をゲット。生のナチュラルチーズを入れた冷やして食べるもみじまんじゅうで、ナチュラルチーズ、ストロベリー、ブルーベリー、ヨーグルトの4種類がある。私の買ったのはブルーベリーだったが、

メチャうま(≧◇≦)

こうして岡山・広島旅行は1.5kg増の体重を私に残していった。(この後ダイエットに励んだのは言うまでもない)

終わりどす

HOME旅行先一覧広島TOP
Copyright (c) うーさん since 97.10.7