HOME旅行先一覧鎌倉index

紅葉の鎌倉

■ 建長寺 −鎌倉五山第1位−

建長寺は日本初の本格的な禅宗専門道場として、1253年に後深草天皇の勅命で創建されたお寺です。

以前来たときはさすが鎌倉五山第1位ねぇと思ったんですが、今回は大規模な工事をしていて風情が台無しだったせいか「こんなもんだっけ?」ってな感じ。

【三門】門の前の木は丸坊主状態でサミシー。一体何の木でしょう?【三門の扁額】後深草天皇の宸筆だそうですが、几帳面な字体ですね。

【梵鐘】1255年、北条時頼の発願により物部重光が鋳造したもので、国宝に指定されています。【仏殿】創建当初の建物は火災で失われ、現在のものは徳川二代将軍秀忠の夫人(崇源院)の霊廟を移築したものだそうです。重文。本尊は地蔵菩薩座像。

仏殿の側面から撮ったもの。建長寺の紅葉は円覚寺より少な目。敷地の前の方にはあまりなくて、中から奥にかけて紅葉する木があります。

赤い実をつける木があったんですが、何が何やらイマイチ見分けのつかない私。