HOME旅行先一覧日光

二荒山(ふたらさん)というのは現在の男体山の古い名前で、その男体山をご神体とするのが二荒山神社です。

【鳥居】(左)と【拝殿】(右) 。右側の写真の手前の建物は社務所、左の建物が拝殿です。拝殿は単層入母屋造りの弁柄漆塗りで造られています。

【神木】日光は見事な杉の木が多いのですが、この木はご神木としてお祀りされているようです。 【本殿】(奥)、【化灯籠】(手前)。この写真だと灯籠がよく見えないのですが、1292年に鹿沼権三郎入道教阿と清原氏の女が奉納したもので、灯りをともすと怪しげな姿に変わったとかいうお話があるそうです。

【大国殿】全国でもこれだけという手招きをしている大黒天が祀られています。しかし、手招きしていたかしら? あまりよく見ていませんでした。【運試し輪投げ】大国殿の横にある輪投げコーナー。1回でも輪が入ればまずまずの運勢だそうな。うーさんは2回入れました(^^)v

どうやったら輪が入るか?
実はちょっとしたヒケツがあるのです! といっても私が発見したものではなく、私の前にトライしていたカップルの彼氏の方が彼女に教えていたのを漏れ聞いたのでした(^_^; それは! 長い的全体を見るのではなく、上にくっついている玉だけに集中します。玉をめがけて輪っかを投げると、なーるほど確かに命中率がかなりup。運痴の私が保証します。兄ちゃん、ありがとう〜


【神苑】眼病に霊験があるとされる薬師霊泉と瀬尾神社の境内に湧く酒の泉を合わせて引いたもの。二荒山神社と東照宮の間の道。杉並木がみごとです。


Copyright (c) うーさん since 97.10.7