HOME旅行先一覧吉備路・岡山index

■ 雨!

たいへーん! 心配していた雨が降ってきちゃった。最上稲荷と同じく吉備高原自転車道沿いにある旧足守藩侍屋敷遺構というのも面白そうだと思ってたけど、あわてて来た道を引き返すことにした。こうなったら一直線に備中国分寺をめざし、総社駅に急がなくちゃ。

幸い雨はパラパラといった程度なので、時々傘をさしたり閉じたりしながら自転車をとばす。吉備高原自転車道の先端から備中高松へもどり(水色ルート)、再び吉備路自転車道(ピンクルート)に入るとひたすら真っ直ぐつき進む。左手に造山古墳の看板を眺めながらすどおり。きっとただの山だよね。歴史的建造物の大好きなうーさんだったが、古墳にはあまり食指が動かないのであった。


■ 備中国分寺

さすがに最上稲荷から備中国分寺までは

走っても走っても「あと△km」の数字が減らな〜いッ

という感じで、サドルにまたがり続けたお尻が痛くてしょうがない。が、やっと備中国分寺の五重塔が道の前に姿を現した。さすがに遠かったぜ(+_+) ここは奈良時代、聖武天皇の勅願で建立された寺で、五重塔は国の重文に指定されている。


■ アガリ

そこから東総社を経由して総社でアガリなのだが、作山古墳のあたりで自転車道のルートがよくわからなくなり、コーギーをお散歩中の女性におすがりする(コーギー人気あるね)。このあたりたんぼ道のようなものがたくさんあって、どこをどう曲がったらいいのかちょっと分かりづらいのだ。

そしてとうとう最後の見学場所は備中国総社。「総社」の地名の元となった神社で、輪くぐり神事で有名だそうだ。ここにも回廊があって、備中の人は回廊が好きだったのかなぁと思う。本殿には神楽の面が奉納されているが、もうかなり暗くなってきていたのでソソクサと後にする。なぜか明るく撮れているが、実は結構暗かったのだ。

東総社から総社へはただまっすぐ走ればいいだけなので、ここまで来たらもう迷う余地がない。あとは自転車を返却するだけだ。返すときはこれを見せてね、と渡された用紙を見ると、夕方6時をすぎると追加料金が必要だとわかった! ひ〜〜〜 急げ!


すっかり日が暮れた総社駅前にあるレンタサイクルで自転車を返すと、吉備線で岡山駅に帰った。電車で40分もかかり、そんな距離を自転車で移動したのかと気が遠くなったよ〜(@_@;)(ホテル)

総社→岡山駅 400円
夕食(なぜかオムライスセット) 950円



HOME旅行先一覧吉備路・岡山index