HOME旅行先一覧吉備路・岡山index

■ やっぱり走る

昨日の吉備路サイクリングがたたってお尻と脚は筋肉痛(>_<) 岡山市内は市電やバスで見てまわろうかと思ったが、それらを立って待ち続けるのも大変そう。やっぱり自転車を借りることにした。駅前のレンタサイクルで4時間350円なり〜 ちなみに時間をオーバーすると300円が加算される。

レンタサイクル(半日) 350円

岡山市内と言えばやっぱり後楽園でしょ♪ ってことで、まずはチャリで桃太郎通りをかっとばす。ここは通りが広いので自転車を走らせやすい。直進し、ちょっと左に曲がって橋を渡ると後楽園だ。


途中にすてきな噴水と彫刻がありました。

■ 後楽園
まずは鶴見橋を渡って正門へ行きます。

関東人にとって後楽園といえば後楽園球場を連想してしまうが、岡山の後楽園は球場とは無関係(^_^; 岡山藩主・池田綱政がつくった日本三大名園のひとつと謳われるのがここ。林泉回遊式庭園で、借景が効果的なせいか写真で見るととっても広く見え、行く前は遭難するんじゃないかと心配しちゃったほど。でも歩いてみるとそれほど大変じゃないので、皆さん恐れなくても大丈夫! 庭園は自転車の乗り入れはできません。

うーん、11月下旬というのに紅葉はまだ盛りじゃないか。赤いは赤いけどぼやけた赤だった。

じゃ〜ん、園内はこんな感じ。これは唯心山という園内が一望できる小高いところから撮ったもの。
(左)上の写真で左手に写っている「沢の池」、(中)寒翠、(右)五十三次腰掛茶屋
(左)延養亭。藩主が後楽園を訪れたときの居間です、(中)中の島、(右)流店。ここはかつて藩主の休憩所でした。今はお客さんが自由に休憩できる場所となっています。中央に水路を通していて、両側の板床の上で靴をぬいでゆっくりできます。
この日、後楽園の新殿で催された備中神楽。右側の写真は、スサノオがヤマタノオロチと戦っている場面です。オロチがお酒を飲んでグテングテンに酔っぱらうところが超かわいい♪ 見づらいですが、舞台の前側中央に見えるベージュっぽいものが酒ガメです。

さて次は月見橋を渡って岡山城を目指しまーす。


後楽園 350円



HOME旅行先一覧吉備路・岡山index