HOME旅行先一覧松江・出雲

10/27:ブルブルブル{{ (>_<) }}

帰りのバスは35分後のものにしました。このあたりにあるものといえば熊野大社だけなので、さすがに次のバス(1時間後)というのは時間があまりすぎます。それに

めちゃ寒い!

念のため普段よりも暖かい格好で来たんですが、それより遙かに!寒かった(ヘクシュン。グシュシュ)。バス停で村営ミニバスを待ちます。近づいてくるのを撮らなきゃいけないからデジカメ用意! 村営バスはにこにこバスって名前がついていて、ディズニーランド仕様のかわいいミニバスです。ところが!

やって来たのは普通のミニバンでした(゜◇゜)

車の側面には「にこにこバス」というステッカーが貼ってあるので、確かにこれも村営バスなんでしょう。しかし、みんなかわいいバスじゃなかったの? こうして私は悟ったのです。「後でいいや」というのは、まったくよろしくないということを。

さて昨日ホテルで考えた本日の行動予定では、一番に熊野大社、松江駅に戻ってすぐに八重垣神社、また松江駅に戻って昼食、それから市内見物、というものでしたが、熱源がないままこれ以上動けないよ〜

ってことで、八重垣神社速攻はやめて、まず昼ご飯を食べることにしました。ちなみに、熊野大社と八重垣神社は角度的にΛという立地になっています。やろうと思えば松江駅に戻らずに移動することができるんですが、かなり厳しい行程になります。途中下車してから全行程を歩くか、レンタサイクルを借りて移動するか。しかしレンタサイクルを借りられるのはバス停からだいぶ歩いた場所なんです。

こんなに寒いのにどっちもごめんだ。。。

結局バスで駅まで戻り、安易に駅ビルの中でご飯を食べました。安くてなかなか美味しかったよん♪ 熱源を得て、さっきまでのブルブルはなくなったものの、さすがに寒すぎるので毛糸のマフラーを買いました(1000円)。

八重垣神社・修復中の巻

こうして準備万端ととのったので、バスで八重垣神社に向かいました。直通で20分のこの神社は、素戔嗚尊と稲田姫命(クシナダヒメ)を祀る縁結びの神社で、稲田姫命の板絵が重文に指定されています(写真不可)。クシナダヒメの表記法は何種類かあるようですが、神社の由緒書きにならって稲田姫命としておきました。ちなみに稲田姫命というのは、スサノオが八岐大蛇を退治してゲットした佳人であります。ここは紙に硬貨をのせて池に浮かべ、早く沈むと縁が早いという占いで有名です。

【八重垣神社・鳥居】【拝殿・本殿】がっちょーん。修復中でござりました(T.T) 寒い中わざわざ来たのに。ウルウル
【奥の院、佐久佐女の森】稲田姫命が八岐大蛇から避難した場所です。【夫婦椿】境内にある3本の夫婦椿は2本の椿が1本に合わさった木だそうで、良縁・子宝を願うようです。
森の中。ひっそりとしています。【鏡の池】避難中の稲田姫命が飲料水とし、姿を映した池だそうで、縁結びの占いができます。占いの行方を見守る娘さんたちがたむろっています。

Copyright (c) うーさん since 97.10.7