HOME旅行先一覧

那須高原3


★とりっくあーとぴあ

人間の視覚の錯覚を利用した不思議なトリックアート。平面的な絵がなぜか立体的にみえてきます。大人も楽しめる(もちろん子供も)アトラクションです。とりっくあーとぴあは3つの館に分かれています。このページではそのうちの2つ、ミケランジェロの館(旧ナスティーナ)と天使の花冠美術館をご紹介します。

←左の彫刻、実は平面に描かれた絵です。

ミケランジェロの館(旧ナスティーナ)
イタリアのシスティーナ礼拝堂の絵をトリックアートにしたものです。立体的に見えますが、写真に撮るとフラッシュの部分が光ってしまうのでやっぱり平面なのねぇって思うのです。

天使の花冠美術館
ミケランジェロの館のすぐ隣にたっているトリックアート館です。誰もが知っている名画がアラこんなになってしまいました。モナリザの両手にご注目下さい。
名画の足の裏をコチョコチョ中ワニに手を食べられちゃいます〜(^◇^;)

本日の日記

テディベア・ミュージアムからホテルに戻ってチェックイン。疲れたので一眠りしました。夕方もぞもぞ起き出して、館内の温泉に入りに行きました。屋内の大浴場には5種類の風呂があり、露天も2つあります。私も友人もかなしいド近眼なので、露天に入るときは悲しいものがあります。それにお風呂に入るペースって人によって違うので、途中で離ればなれになると探すときに困ります。この人かしらとジッとにらんでいると、違っていた!なんてこともありますし、間違って違う人に声をかけたこともあります(@_@;)

夕飯はレストランでバイキングでした。バイキングというとたいしておいしくないのが相場ですが、結構おいしかったのでついつい食べ過ぎました。室内プールでウォーキングで腹ごなし。もう一度お風呂に入って就寝。

翌日はとりっくあーとぴあに出かけることにしました。ミュージアムバスはかなり遠回りするのでテクシーで行こうかと、フロントでどれくらい時間がかかるか聞いてみることにしました。すると、なんととりっくあーとぴあは無料の送迎があったのです。チェックアウトする前にプールと温泉にもう一度入って、それから出かけることにしました。

とりっくあーとぴあに入ると、係員の人が見方を教えてくれます。初めての方はぜったい説明を聞いてください。そうじゃないと、ちゃんと楽しめません。ちなみにカメラを持参するとなお可です。狭い穴から覗くとトリック効果が高まるんです。結構楽しんで写真もたくさん撮って、帰りもホテルまで送ってもらいました。

朝もバイキングでたくさん食べたため、これまでまったくお腹がすきませんでしたが、さすがに3時です。キュルルンです。和食が食べたかったのですが、変な時間帯だったので1階にある和食屋さんが閉まっていました。しかたなく2階のレストランでカレーを食べました。シーフードカレーにしたのですが、シーフードにありがちな臭みがなくておいしかったです。このホテルは料理に力を入れているのかもしれません。

泊まったのはホテルエピナール那須で、施設が充実していました。スタッフの数も多いので、サービス面で行き届いています。小さな子供連れの泊まり客が多いので、レストランやロビーが騒がしいのが難点かな。

BACK←

Copyright (c) 1997-2001 うーさん.