HOME旅行先一覧オランダ
オランダの旅
3/13(日)

◆ チェックインが大変

行列普段は2タミから出ることが多いが、久しぶりに成田空港1タミから出発することになった。初めて乗るKLMは「どうしてこんなに進まないのか不思議だ」ってくらいチェックインカウンターの進みがのろい。カメだってもう少し速く進むぞ! うん、比喩ではなく。

幸い(と言っていいのか?)飛行機が1時間遅れになるということだったが、もしそうじゃなかったら飛行機に駆け込まなきゃならないだろうというくらい処理が遅かった(--;) 隣のキャセイのカウンターはほとんど待っている人がいないというのに、KLMはチェックインの待ち行列がまったく進まないので、セキュリティ・チェックの列も完全ストップ状態。

1時間ほど並んでやっと自分の番が来ると、スクリーン前の席をリクエスト。年度末に旅行に行こうと思った私が悪うございました、というくらい忙しかったので、旅行前日に背中を痛めるという仕儀にあいなってしまったのだ。慌てて鍼治療に行き、なんとか腕が上がるようになったのだが、前列との狭い隙間を体を捻って通路に出るというのが不可能なため、この席をリクエストしたわけ。普通はとっくの昔に埋まっているはずだが、機内ガラガラということで無事ゲット。ますます列が進まないのが不思議になった私だ。

◆ 機内は快適

チェックインが済むと両替を済ませる。ああ、ユーロのなんて高いこと。去年の10月に替えたときよりさらにユーロ高が進み、1€が144円くらいした。

機内食なんとかゲットしたスクリーン前の席は、足元は広々で立ったり座ったりがとても楽なのだが、荷物を足元におけないので何かと不便だった。さて、今回初めてベジタリアン・ミールをリクエストしてみることにした。別にベジタリアンでもない私がベジタリアン・メニューを頼んだのには訳がある。それは

トリが死ぬほど嫌い!

だから。選択の余地があれば別のものを頼むが、その余地がない場合もある。前回その憂き目にあい、トリがメインの食事を問答無用で置いていかれてしまった。仕方ないのでサイドディッシュのみつつき、こんな目にあうくらいなら絶対安全なベジタリアンを頼んでおこうと固く決意したのだった。

こういう特別食の良い点は、みんなより先にお食事を持ってきてもらえること(^o^) そして味はといえば、事前にネットで読んだ感想よりはずっとまともなものだった。と思う。でもデザートがフルーツのみは悲しかった。デザートはケーキが良かったなぁ。ベジタリアンでもクリームはOKだろうに、どうしてデザートまで一般食と違うのかしら。

機内食座席は個別モニタがついていて、選べる映画も豊富で、しかも自分の好きなときにスタートできるというのがすばらしい。個別モニタはよそでも経験したことがあるが、映画が始まるタイミングがみんな一斉なので、一つを見終わって次を見たいときは次がちょうど始まるときまで待たなければならなかった。チェックインで最低になったKLMへの評価がここで急上昇。が、毎回あんなに待たされるならもう二度と乗らないだろうけどね。帰ったら調査せねば。

行き先のアムステルダムにもベルリンにも友人がいるため、かつてないほど準備をまったくしなかったのだが、個別モニタのせいで機内で読もうと思っていたガイドブックも結局読まないまま。ブリジット・ジョーンズの続編とロード・オブ・ザ・リングの1と2の途中までを見たところでランディングとなってしまった。

◆ アムステルダム到着

アムステルダムのスキポール空港につくと、この旅行のために買い換えた携帯電話を現地仕様にあわせ、タクシーで市内に向かった。1人旅なのでホテルまでタクシーは痛い出費だが、なにせ負傷の身。しかたがない(>_<)ヽ ちなみに3月中旬のオランダはまだ冬扱いで、チューリップで有名なキューケンホーフもまだ開園していない。タクシーの運ちゃんには「2週間来るのが早かったね」と言われた。でも聞いていたほどは寒くなくほっとする。

ガイドブックによると、ベネルクス3国ではサービス料が料金に含まれているので基本的にチップは不要とのこと。なので運ちゃんには荷物運び代として1€をあげただけで、料金ぴったりに払ったのだった。日本円に換算して思わずクラリとくるお値段だった。

タクシー(空港→ホテル)46 €

ホテルにチェックインすると朝食込みだと言われてびっくり。あれ〜、入ってないんじゃなかったっけ? 湯沸かし器を持ってお部屋食体勢で来たんだけど。しかしここって1泊いくらするんだろう。ネットで予約したらWinter Rateという最格安料金で取れたのだが(他にもいろいろ割引レートがあった)、その確認メールがパソコンの故障と共にふっとんでしまい、室料がいくらだったか分からなくなってしまったのだ。100€以下なのは確かだが....(--;)

◆ 水が止まらない

Best Western Eden Hotelはセキュリティを重視しているらしく、1階からエレベータに乗るときはお部屋のカードキーを読み取り機にかけないとエレベータが開かないようになっている。お部屋に入るといつものように水回りのチェック。お湯も出るし、トイレも流れる。よーしとうがいをして手を洗うと

水が止まらなーい!

渾身の力を込めても水は止まらず、もしかして動作がのろいだけでそのうち止まるかと数分放置してもやっぱり止まらない。しかたなく受付に行って「水が止まりません」と申告。ホテルマンが一緒にお部屋に来てチェックすることになった。そんな気がしていたが、彼が蛇口を捻ると水は簡単に止まった。

何度か蛇口を開いたり締めたりを繰り返した後で、うーさんにやってみるように言うホテルマン。力一杯捻るうーさん。そしてやっぱり水は止まらなかった。力が足りないのは確かだが、たとえ止まるとしても水を出すたびに渾身の力で蛇口を締めなきゃいけないのは嫌だよ。結局お隣の部屋に替わることになった。最初の部屋よりも窓が広くて明るかったのでラッキー♪

事前に某ホテル予約サイトで調べた評判があまり良くないのでどうしようかと悩んだが、飾り気のない部屋だけど清潔だし、地の利もいいので私的には十分だ。どうも某サイトの評判は内装にゴージャスさを求める傾向があるようで、ホテルは寝るだけという私には参考にならないようだ。

友人に電話をかけ明日会う時間と場所を確認してから、風呂に入って寝た。まだ明るいけど、疲れたよん。



HOME旅行先一覧オランダ