ルーマニア旅行記2009

初日:4/25(土)

  1. 成田出発
  2. ミュンヘン着
  3. あこがれのケンピンスキー

成田出発

ルフトハンザ機内食 準備編にも書いたように、ヨーロッパ経由でブカレストに入ると深夜着になってしまうため、今日は無理せずミュンヘン泊。乗り継ぎがないと体も気持ちも楽〜♪

 このところ旅行の準備で寝不足だったのと、機内で面白い映画がなかったので、ひたすら寝て過ごしたルフト機内。今時個別モニタがないっていうのがねぇ。

ルフトハンザ機内食 成田のカウンタで「一時的に機械が止まっているので後で来てください」と言われた以外は、順調に一路ミュンヘンへ。ゴールデンウィークのため混雑を恐れていた出国ゲートも意外やがら空きで(ルフトの出発時間が12:25と遅めのためか?)、ちゃんと免税店でお買い物をする時間もあった。

ミュンヘン着

 昔は日本人だったら質問もなく、パスポートを開きすらしないで入国審査を通れたのに、時代は変わった。これからどこに行くのかとか、何日いるのかとかしっかり質問が待っている。

税関トラブル
自分の持ち込んだノートパソコンを持ってそのまま出国しようとしたのに課税されるというトラブルが発生しているようで、外務省の海外安全ホームページにも警告が出ている。

いまどきノートパソコンなんて誰でも持ってるだろうに、いったいドイツは何を考えておるのじゃ!

 ところで、出発前にKatzeさんから「最近ドイツの出国時に自分のノートパソコンに課税されるトラブルが発生している」との情報を得ていたため、申告しておこうと「Declare」の方へ。

 職員にPCを見せて、「私のです。私用に使います」って言ったら、「何に使うの?」。説明が面倒なので「blogの更新」と返事をしたら、「それをドイツに置いていくの?」って聞かれて、「いえ、日本に持って帰りますよ」と答えたら、結局申告書はくれずに「そのまま行け」って手をヒラヒラされちゃったよ。

 ミュンヘン空港では必要ないってことなんでしょうかァ〜? 後でトラブルになったら、私、暴れますよ。

あこがれのケンピンスキー

 ドイツを旅行するようになって、いつかは泊まりたいとあこがれていたのがケンピンスキー。高級ホテルチェーンであちこちにある。
 この度、ミュンヘンでそのケンピンスキーに泊まることにしたのは、空港のターミナル1とターミナル2の間にあるという絶好の位置だったから。明日すぐにブカレストに飛ぶので、市内のホテルに泊まるのは移動が大変だしお金もかかる。ケンピンスキーは高級だけど、徒歩で移動できることを考えたら高くないよね♪

 税関から抜けたところに(i)があったので場所を聞いたら、ターミナルを出て右に行ったところとのこと。荷物をガラガラ引きながら、足取り軽く「Kempinski」と書いてある方に向かうと

ケンピンスキー・エアポートホテルの吹き抜け

いきなり、どーんとケンピンスキーの実力が! この吹き抜けってホテルのなのです。1Fがカフェになっていて、受付は2F。すかさずポーターさんが「荷物をお持ちしましょうか」って来るし。ああ、海外で荷物を持ってもらえるところに泊まるってこと、なかなかないのよねぇ。うっとり。
 でもユーロの小銭をバッグの奥に入れてあったため、「自分で大丈夫です」って答えたうーさんだった。やっぱりスマートに決めるには準備が必要なのだ。

 ちなみに、ホテルに来るときにこのガラス張りのところをホテルとは関係ないカフェだと思って遠回りしてしまったが、ターミナルを出たらそのままこのガラス張りの入口を目指せば良かったのでした。

ケンピンスキー・エアポートホテルの客室

 そして客室。うーーーーむ、広い。エアポートホテルとはいえ、さすがケンピンスキーだ。ここには写ってないが、書き物机とイス、1人用のどっしりしたソファもあった。スリッパもあった。ふかふかの良い感じのスリッパだったので、今後のホテルで使おうともらっていくことにした。

 これが約15000円とはお値打ちだわ〜 バウチャーを受け取るのに苦労したけど、苦労の甲斐があったわぁ〜

 しかし、こういうところのバスローブって生地がしっかりしすぎているのと、日本人女性には大きすぎるのが難点よね。ネット接続に22ユーロっていうのも高すぎ。

 もう一つ不思議な作りだと思ったのがバス。壁に固定された高い位置にあるシャワーと、取り外しのきくものの2つがあって、バスタブに水を入れる蛇口がないのだ。これは、どっちのシャワーから水をためるよう想定しているんでしょう?


ケンピンスキーのお風呂

ケンピンスキーの不思議なバス。バスタブについている銀色の丸いのは排水栓を動かすもので、その横に取り外せるシャワーと、2つのシャワーの水流を調整するレバーがそれぞれついている。でも、タブにお湯を入れる蛇口はありません。