ルーマニア旅行記2009

11日目:5/5(火)

  1. 引き続きブラショフ市内観光

引き続きブラショフ市内観光

朝食 7:30起床、8:30ごはん。私の他に2組しかお客さんがいないのは時間がずれているのだろうか?

 ブラン城観光が明日の昼にずれ込んだので、ブラショフ市内に思っていたより時間がさけることになった。時間はあっても体力は限られているので、博物館は2つに絞ることにする。ってことで、今日は民俗博物館からスタート。

民俗博物館 17.5 Lei(入場3.5 Lei、カメラ14 Lei)


diary362.jpg1: 糸つむぎの機械
2: 昔のテーラーさん
3: リボンを織る機織機
4: リボンのパターン
女性の衣装あれこれ
diary361.jpg

 紳士物はいまいちだったので省略。スマン、男性諸君。

 この博物館から中央公園をはさんだ向かい側に素敵なルーマニア正教会がある。昨日は夕方だったので閉まっていたのよね。今日は青空バックになおさら美しい〜〜 でも今日も一雨来る気がするよ。

(↓サムネールをクリックしていただくと、拡大表示されます)

中央公園横のルーマニア正教会 中央公園横のルーマニア正教会イコノスタシス 聖母子像の天井画 ルーマニア正教会 天井画 中央公園 トロイツァ トロイツァ

中央公園横のルーマニア正教の教会。ガイドブックには載っていないけど、民俗博物館から見て公園を挟んだ向こう側にあるので簡単に見つけられます。


 公園をお散歩してぐるっと歩いて歩行者天国のレプブリチ通りへ戻り、昨日行ったカフェテリアでプリンとコーヒーという中途半端な昼食にした。夕食は早めにして、(多分ボリュームたっぷりであろう)サルマーレに挑戦しようと思っているからだ。

昼食(プリン、コーヒー) 7 Lei

ブラショフ地図 今まで歩いたのが地図で見ると北東の方角。真ん中へんにちょうど広場があって、うーさんの泊まったホテルはこの広場に面している。ね、良い位置でしょ?

 小腹を満たしたので、今度は南西の方角にgo。途中でシナゴーグに寄ったけど、昼休みなのかドアが閉まっていた。(i)でもらった地図に載っているんだから、一般に開放していないってことはないよねぇ。後でまた来てみよう。

 スケイ門の横から昨日見た立派な運動場の横を抜けて、要塞博物館(Weaver's Bastion Museum)へ。お昼一番という時間なのに、チケット売り場ではおつりがなくて、係員がひとっぱしり銀行に両替に行くことになってしまった。でも20Leiの料金に100Lei札を出して、おつりがないってちょっとどうかと思うわよ。


(↓サムネールをクリックしていただくと、拡大表示されます)

要塞博物館 要塞博物館 ブラショフの町の再現模型 要塞博物館 要塞博物館の近くにあるルーマニア正教会 要塞博物館の近くにあるルーマニア正教会 要塞博物館の近くにあるルーマニア正教会 要塞博物館の近くにあるルーマニア正教会

要塞博物館の門。ここはWeaver's Bastion(織工の要塞)を博物館として公開している。


要塞博物館 20 Lei(入場 6 Lei、カメラ 14 Lei)

 写真を見てお気づきだろうけど、そろそろ空模様が怪しい。かなり怪しい。急いで残りを回ろう!

(↓サムネールをクリックしていただくと、拡大表示されます)

黒い塔 要塞博物館横のスポーツ施設 西側の街壁 Graft Bastion Graft Bastion スター百貨店の裏にある市場 シナゴーグ

暗雲を背負っているのは黒い塔(Black Tower)。昔火災ですすけたためにこう呼ばれているけど、今は建て直されたので何が黒かわからなくなっている。上が展望台になっているけど、展望ガラスの下に高い壁があるので、あまり視界が良くない。

黒の塔 6 Lei
黒の塔の説明書 2 Lei

ジェロビタールとは?
ルーマニアでは国家プロジェクトとしてアンチエイジングの研究をしていて、ジェロビタールはアナ・アスラン博士が開発した化粧品。日本からわざわざ買いに行く人もいるらしい。

ジェロビタール なんだかんだで、かなり歩いている。町を小回り2周はして、すっかり足イタ。でもようやく買いたいと思っていたジェロビタールをファーマシーでゲットできた。
 ルーマニアのことを調べているときに知ったんだけど、日本に輸入されるとゲゲってほど高いこの化粧品が、本国では笑っちゃうくらいお安いのだ。
 パッケージは輸入品とは違うけどね。
 友人たちに配るのにどっさりお買い上げしたら、お店のお姉さんに苦笑された。

diary387.jpg そして今日もやっぱり夕方にどしゃ降りに見舞われた。ちょうど広場近くに来ていたので、あわててレストランへ避難。それほどお腹がすいていないけど、ルーマニア版ロールキャベツのサルマーレを食べることにした。
 この国に来て初めて苦手な食べ物に出会った。酸っぱすぎる、これ。酸っぱいキャベツでくるまれていて、添えてあるのがザウアークラウト。震えがきます。

 広場のあたりはどしゃ降りがあると洪水のようになってしまうが、雨が止むとあっという間に乾いてくるのだった。

夕食(サルマーレ、サラダ、オレンジジュース、カプチーノ) 30 Lei