ルーマニア旅行記2009

14日目:5/8(金) 

  1. ブカレストを離れる
  2. オトペニでルーマニアのお金が使えない?!

ブカレストを離れる

朝食 7:10起床、8:00朝ごはん。オムレツ食べたかったけど、シェフが席を外してる〜(;O;)

 食事の後に荷造りをしたら、ドッと疲れが出てしまった。出発前からこんなに疲れてどうするよ。予約したシャトルバスは10:00だったけど、お客は私を含めて2名だったので、5分前に出発となった。
 フライトの時間を考えると早めだなと思ってたけど、途中かなり渋滞したのでこの便にして良かった。やきもきしないで済むもんね。

シャトルバス 40Lei

 空港には10:20くらいに着いてしまい、departureの掲示板を見ると13:10発のルフトが載っていない。それより遅い便も載っているので変だなぁと思ったら、13:00に変更になっていた。この掲示板の真下に、荷物をビニールでグルグル巻きにするサービスがあったので、スーツケースを巻いてもらった。これで破れたところから荷物が飛び出る心配はなし。

グルグル巻きサービス 20Lei

オトペニでルーマニアのお金が使えない?!

 チェックインを済ませてセキュリティチェックに進んだところで、お茶入りボトルを持っていたことを思い出し、X線の前でグビグビ。そうしたら係員が「It's OK」って言うんだよね。OKって、ドリンク持って入って良いの? ホントにいいのか? しかし頑張って飲み干した。

 オトペニ(今はヘンリー・コアンダ空港と言うんだけど、昔のオトペニという名前で呼ばれることが多い)は、免税店が充実してなくて、チョコくらいしかほしいものがない。手持ちの100Leiを余らせても何なので、これでみやげのチョコを買うとしよう。
 ところが!
 「No Romanian money」ですと!?

 ルーマニアの空港なのにルーマニアのお金が使えないの?

 泣く泣く免税店横の両替所でユーロに替えたけど、すごくレートが悪かった。ジェトロのページに「パスポートコントロール後の両替所のレートが悪い」と書いてあったので、免税店で使えないと知ってたら事前にユーロに再両替したのに〜〜〜ッ

注意:空港免税店ではレウで買い物できない。
ただしカフェとかの売店はレウ建て。

 ブカレストからミュンヘンへ向かう飛行機の中ではサンドイッチが出たんだけど、ドリンクのサービスがえらく遅かった。食べ終わった頃にやっとやって来たと思ったら、隣の客とずっと話をしていて、手は止まったまま。話をしながらでも手は動かせるだろうにさー。
 ちなみに、名札を見たら、この人パーサーだったのよね! パーサーでこれかいな。
 私は国粋主義者じゃないけど、日本のエアラインの客室乗務員の質はやっぱりすごく高いと思うのよね。ルフトなんて、後部に座ると乗務員の話がうるさくて眠れん!

機内食

 ルーマニア、来て良かったな。田舎は本当にすばらしかった。ルーマニアの良さは田舎だよって聞いていたけど、確かに都市しか回らなかったらあの良さは体験できなかったところだ。次は絶対マラムレシュに日曜日に滞在して、みんながきれいな服で教会に行くのを見てみたいものだ。

 また絶対来よう。

fin.