日程表現地事情旅日記写真Menuへ戻る

マドリッド

****************************************************

残念なことに、マドリッドはスペインでもっとも危険な都市となっています(2000年3月現在)。アフリカからの不法入国者による荒っぽい強盗が頻発しています(詳しくは現地情報をご参照下さい)。

マドリッドの街を見るとまず思うのは、緑が多いこと。街路樹や公園が多く、街並みがとてもきれいなのです。スペイン政府が一念発起して、安全に街を歩けるよう治安対策をしてほしいものです。


プラド美術館

世界3大美術館の一つで、ゴヤ、ベラスケス、グレコなどの絵が収蔵されています。盗品や剥奪品の類がいっさいないのが特徴だそうです。


「着衣のマハ」ゴヤ

「よい羊飼い」ムリーリョ
「三美神」ルーベンス

このスタイルで三美神とは昔の人は楽だったわね、と思う作品


スペイン広場
ドン・キホーテとサンチョ・パンサの姿を見下ろすセルバンテス像

キホーテとサンチョの両側にある女性像にご注目下さい(チト見えないか....)。キホーテの側は貴婦人、サンチョの側は農婦ですが、実は同一人物なのです。恋をしているキホーテには貴婦人に見え、恋をしていないサンチョにはただの農婦に見える「恋の盲目」を型どった像です。

この像の裏側には言語の神の像があり、流れる水はスペイン語を表しています。最初は一つの流れが水盤にたまり、19の流れに分かれています。南米でスペイン語が広がった様子を表しています。



王宮
肉売り場

肉の売り方がダイナミックS 2Fがレストランでした。


back next


日程表現地事情旅日記写真Menuへ戻る