日程表現地事情旅日記写真Menuへ戻る

バルセロナ1

****************************************************

バルセロナはスペイン東北部カタルーニャ地方にあります。カタルーニャ地方はフランスとの国境に近い地方で、伝統的に民族意識と独立心が強いのが特徴です。

バルセロナの街を歩くと、凝った建築物がたくさんあるのに気づきます。ガウディは有名ですが、その他にも素敵な建物がたくさん見られます。

グエル公園

グエル公園は住宅地になるはずだったのですが、パトロンのグエルの死によって資金難になり、その構想は断念することになりました。のちにバルセロナ市に寄贈され、今では公園として解放されています(無料で入園できます)。

拡大すると→→

このようにきれいなタイル使いが特徴です。園内にはヤシの木や、ヤシの木を模した構造物があります。ヤシの木は「この世の楽園」を表しているそうです。



グエル公園名物のトカゲ君

口のところから流れる水が「よだれ」みたい(^_^;) 遠足の小学生がたくさんいました。

カサ・バトリョ
拡大すると→→

実業家バトリョ夫妻の依頼で、ガウディが増改築をした邸宅で、海がテーマです。外壁には色ガラスやタイルが埋め込まれ、明るい日中よりも夕暮れ時の方が色がきれいに見えます(夜間はライトアップされるそうです)。個人邸宅のため内部の見学はできません。


カサ・ミラ

別名ラ・ペドレラ(石切り場)と呼ばれる、山をテーマとしたアパート。最上階は博物館になっていて、ビデオでガウディの建築物の外装や内装が見られ、模型などがおいてあります。その下の階は、アパートの内装を公開していてかわいい感じです。屋上は面白いオブジェが並び、遠くにサグラダ・ファミリア(聖家族教会)が見えます。全部を見ると1000ペセタ。ちょっと高いですねS

back back next


日程表現地事情旅日記写真Menuへ戻る