現地事情旅日記写真Menuへ戻る


最終修正日:2000年1月9日

[前書き] [] [] [] [] []

kazari.gif成田発パリ経由イスタンブール行き

シルケジ駅(オリエント急行の最終駅)
turkey22.jpg

 航空会社のオーバーブッキングのため、香港経由のはずが直前になってパリ経由でトルコ入りすることに変更されたこのツアー。16時間も飛行機に揺られ、その上深夜着ということになったS

 遅い夏休みを取る人が集中した9月のメチャ混み成田で、私と同じく一人でJTBツアーに参加した保子ちゃん(仮名)をお友達としてゲットし、なんと17人も集まったツアー仲間達と長の旅に出ることになった。

 空港では500mlのミネラルウォーターも買っときました。水は手に入りやすいと書いてあったけど、携帯用にこのボトルが使えそうなので(事実大変役立った!)。

 機中で隣に座ったご夫妻(パリで降りるとのこと)に、この後乗り継いでイスタンブールまで行くと話したら、「頑張ってね」と励まされました。パリまで12時間、乗り継いでイスタンブールまで3.5時間、しかも待ち時間まである状態を考えると、確かに相当「頑張らねば」ならない。

turkey03.jpgベリーダンサー
(イスタンブール)

 搭乗時間が遅れたりして、ヒイコラ状態の私たちを乗せ、飛行機はやっとのことイスタンブールのアタテュルク空港に到着した。添乗員付きの旅行のなんとありがたいことよ。スーツケースを自分で運ぶ必要がないのは当然としても、ベルトコンベアーからの回収までしてくれるなんて!

 両替をしてから、バスはホテルへ向かった。着くともう深夜の12時をまわっている。それでもパリ経由が一番乗り換えの待ち時間が短いとのこと。やれやれ。やはり直行が一番だ。

 さて部屋に入ると、おお、ダブルベッド! シングル・ルームじゃないんだ これは一人部屋追加料金として5万円余計に払ってよかったかも。だって私たち個人参加者(全部で3人いた)はすぐお風呂に入って眠れるけど、ほかの人たちは順番待ちしなくちゃならないでしょう?

 結局、旅行を通してすべてダブルかツインの部屋でした。パンフレットに書いてある「お1人部屋は手狭となる場合があります」っていうのは、今まで「1人はシングル・ルームなので狭いよ」という意味だと思っていたけど、実は「できたらツイン(ダブル)を取るけど、もしシングルになっても了承してね」っていう意味だったのか?!

turkey04.jpgまたまたベリーダンサー
(イスタンブール)

↑ topへ

いざ本編へGO!


現地事情旅日記写真Menuへ戻る