オックスフォード名所あれこれ1

オックスフォードというと大学の町。ということで今まで大学の紹介をしてきましたが、ここではそれ以外の名所をご紹介しましょう。

→名前不明(^_^; すみませーん、町のガイドブックを買うのを忘れちゃいました。由緒ある建物なんですが、現在はお店になっています。

oxford09.jpg
■カーファックス・タワー(Carfax Tower)
カーファックス・タワーカーファックス・タワー

1032年に建てられたセント・マーティン教会の一部。唯一現存するのがこのタワーです。塔に登ると街並みを一望できるのと、からくり時計で有名。

■ため息橋(Bridge of Sigh)
ため息橋

ニュー・カレッジのすぐ近くにあります。イタリアにあるため息橋と同じ形だそう、と何かで読んだのですが、違ってますよね。イタリアのため息橋はこちら。

■ボドリアン図書館(Bodleian Lirary)
ボドリアン図書館ボドリアン図書館
ボドリアン図書館

イギリスで2番目の規模を誇る図書館だそうです。宗教改革で離散してしまった書物をまとめるため、トーマス・ボドレー卿が1602年に再建したとのこと。1Fのお部屋(写真)は自由見学ですが、他はツアーでないと入れません。教会で見るような天井がきれいです。

■ラドクリフ・カメラ(Radcliffe Camera)

カメラという名前からいったいどういう建物なんだろう?と思われるでしょうが、実は図書館です。カメラはラテン語で部屋という意味。17世紀の医師ジョン・ラドクリフの蔵書を収蔵するために建てられた図書館だそうです。1749年に完成しましたが、内部は一般公開されていません。

→ NEXT

ラドクリフ・カメラ

2005.7撮影